結婚指輪の歴史とは

結婚指輪に込められた思い

結婚指輪に込められた思いとは

結婚式に行われる結婚指輪を交換するようになったのは、2000年前の古代ローマ時代にまで遡ります。その当時から金や銀にルビーなどの宝石があしらわれていました。また、丸い形が永遠を意味しています。つまり、永遠に愛を誓いあうという意味があります。左の薬指は、心臓と繋がっていると考えられていた為、お互いの心を交換しあうといった意味合いもあります。お互いの愛を永遠に誓うという意味合いが一つの指輪に込められています。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; ダイヤの指輪のカラット数 All rights reserved